HOME>構造

構造・防災|Structure & Disaster prevention

確かな資産価値を届ける、耐震・耐久性能。

強固な地盤が支える確かな基礎構造

基礎構造概念図

断熱性と遮音性に優れた壁構造

戸境壁(乾式耐火)概念図

外壁厚は約125~180mmの厚さを確保し、断熱性に配慮。戸境壁については、約136mmの厚みを確保し、遮音性を高めています。

JASS5の標準値を満たしたコンクリート強度

コンクリート強度概念図

主要構造部のコンクリートの設計基準強度は30~39N/mm2以上。これは1㎡あたり、約3,000~3,900tの圧縮に耐える強さを示しています。 ※杭は除く

鉄筋を格子上状に組み立て二重に組むダブル配筋

ダブル配筋概念図

主要な床や壁は鉄筋を二重に組み上げるダブル配筋を標準採用。シングル配筋よりも、高い強度と耐久性をもたらします。

地震時に柱主筋の折れ曲がりを抑制する溶接閉鎖型フープ筋

溶接閉鎖型フープ筋概念図

建物の柱に溶接閉鎖型フープ筋を採用。継ぎ目を溶接することで、地震時に加わる力に対して粘りを発揮します。

永住品質 それは邸宅の矜恃

天井高約2,550mmと逆梁+順梁工法による心地よさ

専有部天井高/鍼構造概念図

将来のリフォームに有利な二重床・二重天井

二重床・二重天井概念図(リビング・ダイニング)

床スラブ厚は、約230mm以上を確保し、遮音性に優れたフローリングを採用。また、床下の配管類を動かすことができ、リフォームにも対応。

点検・修理に配慮した共用配管

共用配管概念図

雨・風の影響を受けない内廊下

内廊下

赤水が発生しにくいさや管ヘッダー工法

さや管ヘッダー工法

※上記の内容は分譲当時のパンフレットに記載されている内容を基に掲載しております。